トップ

お風呂で加齢臭対策

朝シャワーは加齢臭に効く

加齢臭に効く朝シャワーの浴び方

・朝のシャワーは加齢臭の対策になります
早起きは三文の得といいますが、朝は仕事や運動に最適な時間です。その時間をさっぱりとして、一日を気持ちよくすごすために、朝シャワーを浴びましょう。
実は朝シャワーは、加齢臭の防止にもいいのです。

人は寝ている間にもたくさんの汗をかきます。
朝の肌は寝ている間に分泌された皮脂などが体の表面に浮いていて、汚い状態です。
それが加齢臭のにおいの原因にもなっているのです。
それを朝いちのシャワーで落として、その日、1日の加齢臭の対策をしませんか?

朝のシャワーは夜と違ってしっかり洗う必要はありません。皮脂を洗い流すだけなので、文字通り浴びるだけでいいのです
洗った後にまた分泌される皮脂がニオイを発するのは、シャワーを浴びてからおよそ12時間後と言われています。

ですので、せっかく夜お風呂に入っても、朝になるとまたにおいが分泌されていることがほとんどなのです。
そのため、朝シャワーのほうが加齢臭の防止にはよく、体の不快なにおいを落とすには朝一のシャワーのほうが有効なのです。

入浴後12時間後が一番におうということを覚えておきましょう。12時間おきにはシャワーを浴びれるようにしておきたいものですね。

・しっかり水滴を取ろう
シャワーから出たら、しっかり水滴を拭き取ってください。
水分が残っていると匂いの原因になります。ですので、乾いたタオルでしっかりと水滴を取って、髪もしっかりと乾かしてください。

髪を濡れたまま放置していませんか?濡れていると雑菌が繁殖して、においの原因にもなりますし、髪が傷んで抜け毛の原因になったりもします。

もう40代になると私もにおいが気になり始めました。
ですが、朝シャワーで、一日臭わず快適に過ごせています。