名前など姓名判断を使って簡単に運勢占いをしてみたことがある人もいるかと思います

名前の画数を数えて、簡単な足し算をするだけなので、やり方が分かればだれでも自分でできますし、まだやったことが無い人も暇なときや気分が向いたら姓名判断を自分でやってみるのも面白いかと思います。

ところで、運勢占いが本当に当たるのかは気になるところです。

姓名判断では名前の画数で運命が決定されている考え方になりますが、それでは自分の運命とは半分は家系で、半分は自分の名付け親に決定されているということなので、それに納得できない人もいるでしょう

そもそも姓名判断は日本ではいつから始まったのかというと、本格的に浸透し始めたのは明治時代からだとされています。ataru

江戸時代くらいまでには、姓名判断でも用いられる姓が無かったので、それ以前に渡ってきていたとしても占うこと自体ができなかったので浸透しなかったのでしょう。

姓名判断で分かる運勢占いといえば、まず家庭運があります。家庭環境は自分の人生を大きく決定づける要素の一つですから、特に気になる部分ですね。これで家族同士の関係や相性について分かったりします。

そしてもうひとつ誰にとっても気になるのが健康運です。

老後まで末永く、毎日元気に生活したいのなら、やっぱり将来掛かるかもしれない病気に備えて今からちゃんと対策しておきたいものですが、その場合にも姓名判断の健康運の診断が役に立つでしょう。

自分の体質や運命によって将来成りやすい病気が分かったら、今度はそれを防ぐために自分の生活を食事や運動などで変えていくのが大切です。そして年齢によって気になり始めるのが結婚運です。

特に女性の場合は若いうちからかなり興味があるのではないでしょうか。

結婚の速いお削いで良し悪しは判断できませんが、運勢占いによっておおよその時期を知ることで、焦らず余裕を持って準備をしたり心構えができたりするでしょう。

結婚気が遅くてもそれまでゆっくりと自分を磨いていけばいいし、特に心配することもありません。

将来幸せな結婚ができるかどうかは人生の中盤から鋼板をいかに豊かにできるかの重要なカギを握っていますので、運勢占いで予想しておくと安心ですね

そして自分の将来に悩む人がぜひとも知りたいのが自分に合っている仕事、適職についてです

姓名判断で仕事運について占ってみると、就活中の人ならある程度参考にできますし、今時分のやってみる仕事に不満があれば転職する後押しにもなるでしょう

本当につきが巡って来なかったり、本当に運に見放されてしまったようなときもないでしょうか不運が続くと、さすがに何か変なものがついているのではとか、一瞬心配になってきます

日ごろの行いが良いからと言われるように、習慣によって運勢も左右されるのなら、どこかで何かを変えたほうがいいような気もしてきます。jituryoku

すぐには実際的な解決ができそうにはない、自分ではどうにもならない問題に直面しているのなら、運勢占い師に相談してみるのをおすすめします。

特に運勢占い師の中でも風水を専門にしている人は開運のために様々なアドバイスをしてくれるので、何が問題になっているのか分からない人も、試しにそのアドバイスに従って環境を変えてみると何かが好転するかもしれません。

自分にはどうも運が無いという人は、住環境が清潔で居心地のいい空間になっているでしょうか?普通に考えても、汚い住環境はそのままその人の性格や人生を表しているようで好ましいとは言えませんね。

部屋がすっきりしているだけでも精神的に健康になっていくのが分かりますし、風水専門の運勢占い師に相談してみてもまずは部屋を掃除する事を勧められると思います。

部屋の環境が整えられたら、ちょっとした風水グッズや開運のおまじないの小物やインテリアを置いてみたりするのもいいですね

それだと何だか宗教っぽくていやだとか、胡散臭いと感じる人もここで出てきますが、インテリアコーディネートのアドバイスを聞いているような感じで、自分の納得できるインテリアに替えていけばいいですし、そこは完全に自分の好みでも構いません。

風水は様々な運勢占いにも関連して、よく的中率が高いと評判の運勢占いでも、実は風水の考え方が取り入れられていたりします

風水によって積極的に環境を変えていき、自分の運命や心理を変えていくという行動によってこそ、はじめて運勢占いを活かせたと言えるでしょう。

風水グッズを置いただけで良いことが次々と舞い込んでくるとは必ずしも行きませんが、そういった細かい心がけは、自分の人生にとってささやかでもプラスになるのではと思います。

運勢占いを積極的に生かして、自分で生活を変えていく実感を得たいという人なら、風水は特におすすめできる方法なんです

メディアの影響によって風水ブームも一時気ありましたが、人を前向きにさせるパワーは今でも健在で、昔から今まで根強く支持されているのが風水の実力なんです

運勢占いをしたことがありますか

風水が流行してから久しいですが、今でも実践し続けている人は少なくないかと思います

風水は日常的な趣味の一つとしてだけではなく、古くから建築の際にも用いられてきた思想なだけあって、意外と重要な場面でも重宝されていたりするのです

特に家を建てたりお墓を建てるなど重要な建築をするときには、普段は運勢占いに興味が無いような人でも縁起を考えたりして風水のアドバイスを参考にする人々は少なくありません。

建築物の配置や地理的な条件については、運勢だけではなくその快適さを研究されつくされた結果にもつながりますから、古くからの学問としても興味深いです。

その歴史を学んでみれば、風水が確立するまでには深い思想が取り入れられていったことが分かり、発祥してから2000年以上たった今でも国境を越えて現代の人々の心をも掴む理由に納得ができるかと思います。

風水で変えられることと言えば、インテリアや立地などの環境だけではなく、普段の行いもそのうちに入ります。

たとえば、寝る方向について枕をある方角に向けてはいけないと伝えられていますが、実はそれも風水の考え方の一つなのです。

方角に関しては特に風水ではかなりの研究がされていますので、それが建築物を立てる際にも応用されています

すでに家を建ててしまって風水に完全に従うことができない場合でも、玄関やトイレに小物を老いたるするだけで簡単に運気アップができるように工夫されています。siawase

迷信のようにちょっとばかばかしい気もするかもしれませんが、それを信じる気持ちは少なくとも自分にとって精神的にプラスに働くと思います。

その結果、その人自身からパワーや前向きな気持ちが溢れてきて、運勢アップにつながるとも考えられますね。そうしてみると、風水というのもなかなか侮れないなあと思います。

風水などの運勢占い自体が運命を変えるのではなくて、自分自身で将来や運命を変えていくための後押しをしてくれるものだと考えるのなら、これほど強力なサポートもないんじゃないでしょうか

活用できるかできないかはその人次第ですね。もちろん、金運や仕事運を上昇させるだけではなく、健康や人間関係に関する運気だって風水で改善していけます

風水のアドバイスを聞いてみると、よく考えてみれば当たり前の事ばかりですが、運勢占いではそれが自分にとっていい影響を及ぼすであろうことには変わりはありませんので、とにかく実践してみるのが大事なのです

ページ上部に